読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今回の大地震で思うこと。

4月14日午後9時26分
娘と二人、部屋でテレビをつけながら、
私は、気ままにこのブログを書いていました。

立っていられないほどの、物凄いゆれが
長時間続きました。
これは夢かと思いました。

あまりにもひどい揺れの間に、
色んな思いが駆け巡りました。

離れてすんでいる旦那さまと、長男、
近所に住む一人暮らしの双方の母たちが。まず
これからどうなるのだろう。

強い揺れのなかで、
当たり前だったことが、当たり前じゃなくなるかも
しれない。

f:id:kazenohikari:20160419151057p:plain

幸いにも今現在、自分たちが住む地域は、比較的被害が軽く済んでいますが、

ここが同じ熊本?
と目を疑うほど、変わり果てた街中。

f:id:kazenohikari:20160419151439p:plain

この地震で、ずっと頭にあること。
ずっと前から頭にあること。

地球は、多きな多きな、偉大な生き物なのでは。

どんなに人間が、便利で快適な世の中に開発しようとも、
大自然は、一度の地震、台風、大雨、
文明の利器を、あっという間に飲み込んでしまう。
無力さを感じてしまう。

自分自身の反省も含めて、少し世の中に
違和感を感じる。

安いもの、手軽なもの、便利なもの、
追い求め過ぎてはいけないのではないか。

精神面になってしまうけれど、
もう少し地球を大事にしたい。
空気や土壌、水、
大気汚染、地球温暖化

地球自体から、私たちに、幾度となく
警鐘を鳴らしてくれているのではないか。

f:id:kazenohikari:20160419153828p:plain

健康で安全な環境、健康で安全な食べ物。
未来の子供たちを、
昔のように、自然で穏やかな暮らしにさせて
あげれるよう、
私たち親は、意識して暮らしていくべきでは。

水を大切に使う。いのちの通った食べ物を
感謝して大事に頂く。
周りの人を気遣う。

環境を壊さないもの、身体に優しいものを
意識して取り入れようとおもう。

この大地震とは少しかけ離れた、自分自身の勝手な思いかな。

でも、この地球のために、少しずつ
昔に帰ろう、自然に帰ろう。