読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と現実の間の不思議な体験 断捨離③

ある日、ひとりさんのお店に行くと、
ハロウィーンパーティに来ませんか?
いっぱいお洒落してきてね~☀

お洒落疎くて、地味な服しかほんとにないんですけど。
何を着て良いかわかりません。どうしましょう。

明るくお洒落な塾長さんは、
お店終わるまで待ってる?
これからGUツアーに行って、安くてお洒落な
コーディネートしてあげる❗

少し空も暗くなって、私は隣に塾長さんを乗せて
子供と三人、目的地に出発します。
その間は、ひとりさんのためになるお話、
ジュークボックスのようにいろんな話をしてくれました。
本当に心地よい感覚。ラッシュ時だろうに
道もスイスイ進みます。

f:id:kazenohikari:20160425082952p:plain

目的地の駐車場に入ると、車がぎっしり❗
すかさず塾長さんは、
そろそろ何処か車が出るかもよ❗

すると、本当に手前の駐車場から、
どうぞと言わんばかりに1台出ていきました❗

ほらね(^^)v
こんなスムーズにいくことあるんだ❗

塾長さんは、GUのお店でも本領を発揮します。
どんな服どんな色が自分に合うかも分からない
私たち。
選ぶのさせ躊躇していると、
一瞬で顔に服をあてて、私たちには好きか嫌いかを
聞き、
上下のコーディネート、アクセサリー、靴まで
選んでくれました。
大ぶりのアクセサリー付けると華やぐよ❗
その身のこなしの速さは、
本当に魔法使いかと錯覚するほどです。

私に選んでくれたイメージはこんな色でした。

f:id:kazenohikari:20160425083657p:plain

安くてもすごく可愛いお洒落も出来ると、
子供と二人、ワクワクしっぱなし。
塾長さんに心から感謝して帰った夜でした。
続く。