読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢と現実の間の不思議な体験 断捨離⑨

開け放していたドアから、近所のYさんがうちに声を掛けてくれています。

どうしたの?

中に入ってこようとするYさんを、母は慌ててドアを手で塞ぎ、

何でもないのよ。大丈夫だから帰って。

いや!全然大丈夫じゃないでしょう、助けてもらわなきゃ!
私はドアに駆け寄り、Yさんに懇願します。

今まで気が付かなかったけど、部屋にとんでもない
荷物が溢れて大変なんです。
処分しようにも母が戻してしまうので、
全く先に進まないんです‼助けてください!

Yさんはただならぬ空気を察して中に入るなり、
唖然となさいました。

【私は数か月前に、親戚のうちの断捨離を手伝ってきたのよ。慣れてるわ!】

天の助けが来たと私は思いました。

いるいらない、いるいらない。
何も捨てようとしないさまよう母に、Yさんは声を大にして諭します。

娘さんが泣いて捨てろとこれだけ言ってるの、
あなたわからないとね、
娘さんを通して、亡くなったご主人が
あなたに伝えてるのよ!

私はわかってくれる人が現れたと思いました。

何も捨てようとしない母を尻目に、
Yさんと私たちはひたすら不要の荷物を
ゴミ袋に詰め込みました。
どれだけ出してもゴールが見えない。
たった2部屋にどれだけのものが折り畳まれていたのだろう。

息の詰まるほどの、向い合わせの箪笥の上段を
一気に開け放ち、すべての物を出した途端、
私の目に、箪笥の両側を繋げる、

目も覚めるようなピカピカの黄金の川が流れた。

f:id:kazenohikari:20160429223025p:plain

その後、青い空と大地に横たわる阿蘇山のような
山が見えた。
荒れ果てた寒々しい山から、まるで生まれ変わったような、優しい穏やかな山の風景に変わった。

f:id:kazenohikari:20160429223615p:plain

もう泣きなさんな。

Yさんの両手が、泣き張らした母の両頬を
優しく包み込んだ。

父の手だ‼

Yさんの手を通して、父はこうして母を包みたかったんだ。

お母さん、お父さんが来たんだよ。
お母さんにいつもそうしてあげたかったんだよ。

頬が高揚し、まだ父が生きていた頃の若くて綺麗な母に見えた。私の目だけに。

続く。